潮干狩りって楽しいな【木更津海岸中の島公園】

【投稿】まつもん様(34歳)
・観光地の住所 千葉県木更津

夏に会社の同僚と海に行こうということになりました。
だぶだぶの体は泳ぐには自信がないから色々考えた末に潮干狩りになりました。

千葉県に住んでいたので、2時間以内にいけそうだった「木更津」にしました。
あまり調べずに出かけたのですが、波の満ち引きの関係で潮干狩りそのものができない日があるので要注意です。

人生初のアクアラインを通り、感動し、海ほたるで風景を満喫してから、木更津に向かいます。
木更津金田ICで降りて1時間しないうちに到着します。
運転してたらおなかが減ってしまい、近くの浜焼きのお店に入りました。

炭焼きの道具がテーブルの真ん中においてあり、食材を自分で調理して食べます。
なんだか海に来たんだなと思います。
やはり取れたはおいしいですね。
色々ほおばりながら、今晩のおかずはみんなでとったアサリだ。とテンションを上げました。

そしてようやく、中の島に到着です。
すでに12時になってしまった。

入場料は大人1人あたり1400円で2キロまで持って帰れます。
オーバーしたら買取で追加料金が発生します。
元々のんびりしている仲間と私ですから、オーバーできたらいいよね。
と話ながら、浜辺に向かいました。

事前に網と熊手をホームセンターで手に入れておいたので、スムーズにがりがりとひっかく作業を始められました。
話を聞いていると沖のほうがとりやすいと言っていたので沖に向かい、せっせと砂をほじくりかえします。
子ども連れが多かったですね。
貝がとれるから子ども達は大喜びして、集中して砂をほじくっていました。

こちらも負けじと貝を採ります。
2時間もしないうちにまあまあ取れました。
夏の日光の中で2時間以上すると、帰りの運転がきつくなるだろうし、最も暑い時間帯は避けたかったのでおしまいにしました。

大人3人で夕飯以上に取れたので、大満足でした。
ただし、アサリはほんの少ししか採れず、バカガイという貝が中心の収穫でした。

どちらも食べられるし、おいしいということで、6時ごろ千葉県柏市に戻り、貝の味噌汁、貝のスパゲティー、貝のバター焼きなど貝づくしの夕飯を同僚達と食べました。

3月の中旬から始められる潮干狩りのお勧めは6月、7月です。
気温も落ち着いて気持ちよく楽しめると思います。また、熊手、網はあちらでレンタルできるので、ホームセンターで購入しておく必要はないと思います。
買っておくものはビーチサンダルとタオルくらいでしょうか。

帰りは、木更津アウトレット、浜焼きバイキングにも寄れたら寄ってみてください。
楽しいしですよ。
このメニューなら子どもは飽きません。
帰りの車内は大満足でいびきをかいてくれるでしょう。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ