ピアノは副科

声楽や教育、楽理など、他の科出身者にとっては、自分の専攻のほうが主で、ピアノはいわば副科。それゆえ、ピアノ科の人たちに比べれば、ピアノ至上主義者が、そうはいないと思う。だが、かくは言ってもみんなやはり、音大にパスするための技術最優先レッスンの体験者。そこで、自分が教師の立場になったときも、このレッスン法がどうしてもお手本になりやすい。しかし、ピアノだけにとどまらず、それぞれが専門的に学んだ、声楽なり、リトミック(幼児教育科で重視)、楽典、音楽史、楽曲分析、創作法などの知識を、生徒のレッスンでふんだんに用いる人も多いだろう。
音大出身者が、趣味でピアノを習う生徒のための″良き教師″となるには、自らが受けたメソードからある程度、取捨選択することが必要となろう。つまり、いくら生徒が趣味で習うにしろ、その指導に関して、自分が得てきたもののうち、どこまでは絶対に死守すべきであり、どこはむしろ目をつぶるべきなのか、というような。
他方、専門家を目指す生徒に対しても、″手抜かりのない教師″となるには、自分が受けた以上に刻苦勉励型レンスンを推進し、折りを見て、音大に突っこむことがきわめて上手な先生に、生徒を手渡すべきだろう。もっとも、バトンタッチを早々と実行して、自分が″お役ご免″となるためには、常日頃から交友範囲を広めアンテナを張りめぐらし、音大当局者となんらかのつながりを持っておくことが、有利な前提条件となろう。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ