宮城県南三陸町 被災地から観光地へ

2011年3月11日に発生した東日本大震災。 私の知っている南三陸町は津波で多くの人と家屋が流されました。

あれから街には仮設の飲食店外が完成し、南三陸町の観光スポットとして宮城県では有名になりました。

なかでもお笑い芸人サンドイッチマンが紹介した洋菓子屋さんはとても有名になり、たくさんのテレビを曲で取り上げられました。もちろん豊富な海産物がとれる南三陸町では美味しいマグロ丼、いくら丼三色丼などが食べれます。

仮設商店街の隣には震災復興記念館もあります。津波、地震のことを風化させないような写真がたくさんあります。2017年3月3日、仮設商店街は新しく南三陸町さんさん商店街という場所に移動しました。

町の中心街に移動して、被災地から観光地として生まれ変わっています。復興はまだまだこれからです。

南三陸町には、三陸道路(有料道路)で行くことができます。一部の区間は無料区間となりますので、皆さん、是非、生まれ変わった南三陸町に行ってください。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ